斬-the black side blood union-

back | top | next


#004 / 雨詩-Clear rain-
----------------------------------


 雑音ロックの耳触りは嫌いじゃない。

 遠くなる雨の
 踏み抜いた水溜まりの冷たささえどうでもよくなっちゃうこの不思議。
 お気に入りの赤い傘、ぱたぱたと跳ねる水滴の感触はどこか小気味よくて、私は急かさ
れるように家路を歩いた。
 ──ぱしゃん、ぱしゃ。
 濡れたアスファルトを踏みならすスニーカーの声。
 本日の1曲は「クリアレイン」。
 抑揚をおさえたメロディーがポップロックの色と混ざり合って、渇いたスネアと弾け合
う曲。なんていうかこう、ゲンダイシャカイの荒波だかなんだかに揉まれたティーンエイ
ジャーを、ちょっぴり優しくしてくれる癒し系ソングだ。
 愛用の安イヤホンは今日も絶好調。
 中古MDプレイヤー(2380円)も元気だし、無人の帰り道は穏やか。どうにも今日
は、イイ感じにご機嫌な私なのでした。まる。
 空は灰。
 透けた雲の向こうから届く微かな輝き。そんな光に照らされて。
「ほ──ぇ?」
 びびびっと来た。
 すげー、なんだあれ。すげー。マジすげー。
「………………。」
 雨の中で足を止め、雨の中に身を潜め、私は道端のそれを観察してみる。
 おぉ、と思わず感嘆の声を漏らしちゃうくらいハートフルな場面。レンガ路の隅っこで、
小さなダンボールの前に座り込んでいる女の子がいた。
 ダンボールの中身は捨て猫だろう。
 拾いたいのは山々だけど、おうちの事情で買えません的な。
 なんてありがちなシチュエーション。なんて純朴な女の子。ここまでありふれてるとな
んかもう、逆に感動するしかないっすよね!
「……」
 しかし。
 それよりも私の目を引いたのは、その女の子の髪の色だった。
 赤。
 私のお気に入りの傘と同色の赤い髪。
 灰の街に咲く一輪の雑草。健気に元気に健やかに、それはそれは儚いながらも鮮烈な色
で。
「……やば。マジかっけ」
 道端の女の子の髪色に胸打たれちゃう、そんなのが私の感性だった。
 女の子は私に気付いていない。
 ただ一生懸命に、魔法瓶で注いだ人肌ミルクをダンボールの中の子猫に無料プレゼント
して、ちろちろと舐める姿を幸せそうに眺めている。
 猫、好きなんだな。
 それは傍目にも分かるくらいに穏やかで、同時にちょっとだけ淋しそうな横顔だった。
 ──そこで私は傘の真ん中を見上げ、ふと考えてみる。
 もしも私が男なら、問答無用であの女の子をナンパするだろう。カラオケいこうぜお嬢
ちゃん! 俺様あんたに一目惚れだよ!
「む〜ん」
 ……さすがに「お嬢ちゃん」はナシか。うん、ないない。
 しょうがなしに別な戦術を取ることにして、私はぱしゃぱしゃと水溜まりを踏み抜きな
がら、彼女の背中に近付いていく。
 あー。まったくもう。
 その綺麗な髪も、可愛い服も、微笑む横顔さえもびしょ濡れじゃないですか。
 ちょっとだけ震えてて、寒そう。イマドキ傘も持たずに野良猫の世話するスイーツがい
るかい。もしも実在するなら是非ともお友達になりたいね。なので私は声を掛けることに
した。
 ──雑音ロックの耳触りは嫌いじゃない。
 遠くなる雨の音《ね》。ありがちなシチュエーションで、その赤い髪の女の子に出会っ
た。
 目に付かないはずがない、鮮烈な花のようで。
 レンガ路の片隅で腰を折り、捨て猫を見つめ続ける貴婦人、それに声を掛ける若紳士。
そんな感じの颯爽とした態度で、私はすっと傘を差し出した。
「お困りですかお嬢さん。
 なんならその猫のもらい手に、私が挙手してあげてもいいですけど?」
「えっ?」
 びっくりしたように振り返られて不覚にもたじろぐ。

 ──我ながら。
 ちょっと「変な人」だったかも、知れない。




back | top | next